(準備1)予備知識

45521c45b8545db932127e360ae1e087_m

確定申告について

1月1日~12月31日に稼いだお金を翌年2月16日~3月15日に税務署に確定申告書を提出することです。

例えば2012年1月1日〜12月31日に稼いだお金は2013年2月16日〜3月15日に申告します。

確定申告が必要無い方

  • サラリーマンやフリーターで、その年の副業が20万円以下の人など

アルバイトをしながらの役者活動での収入が20万以下の場合は確定申告の必要はありません。

確定申告はすることをお勧めします。納めすぎてた税金が戻ってくる可能性もあるからです。

 

  • フリーランスの人でその年の稼いだ額が38万円以下の人など

その年の収入自体が38万円以下の場合は必要ありません。実家暮らしなどで生活費がかからない場合などが当てはまります。しかし上記同様に申告することをお勧めします。

 

副業とは-役者は本業として申告する-

副業とは継続して行っていないもの、反復して行っていないものにあたります。

劇団員の方などは役者や演劇は継続して行っている方がほとんどだと思いますので、このサイトでは本業として扱います。

 

還付申告について

納めすぎた税金を返してもらう事です。還付申告というやり方は無く、確定申告をして還付金があれば戻ります。

準備しておくもの

・領収書(一年間分)

仕事に関連した領収書(又はレシート)を全部とっておきます。

詳しくは(準備2)領収書で。

・支払調書や源泉徴収票

アルバイトをしながら役者活動をしている場合は、バイト先から源泉徴収票をもらいましょう。支払調書は基本は仕事をした会社から年末(2月頭の時も・・)に送られてきます。

詳しくは(準備3)支払調書で。

 

▶︎次へ (準備2)領収書